sttsのソースコードMemoブログ

色々やってみた結果のMemo

VMWarePlayerでCentOS6

久しぶりに最新のVMware PlayerでCentOS6をインストールしました。最近のVMware Playerは仮想イメージも作れるようになっていました!

日本語の設定

しかし、自動でCentOS6をインストールするとパッケージ選択が行えなかったので後から以下の日本語環境を設定しました。

# yum  groupinstall "Japanese Support"

CentOS全体の言語設定を日本語に変更。/etc/sysconfig/i18nファイルにLANG="ja_JP.UTF-8"を追加

# diff /etc/sysconfig/i18n.org /etc/sysconfig/i18n 1a2 > LANG="ja_JP.UTF-8"

ここまでで日本が使えるようになりました。

windowsとファイル共有(samba)

sambaの設定も行いました。

# yum install samba

ファイヤーウォールとSELinuxが有効な場合エラーとなったため無効化しました。

ファイヤーウォールはGUIから無効化。SELinuxは設定ファイルを編集しました。

# vi /etc/selinux/config
SELINUX=permissive

sambaの設定ファイルは以下の変更をしました。

# diff -c /etc/samba/smb.conf.org /etc/samba/smb.conf
[global]
+ dos charset = CP932
+ display charset = UTF-8

sambaの自動起動の設定をしました。

# chkconfig smb on
# chkconfig nmb on

sambaユーザの追加

# pdbedit -a ユーザ名

以上でWindowsからホームディレクトリを参照することができました。

澪を飲んだ

http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenabookmark/20130219/1361257997

↑で当たった宝酒造の澪たんを飲みました!

飲みやすいちょっと変わった日本酒でした。

f:id:stts:20130430192952j:plain

 

IPv6

RFC 3986でIPv6のアドレスは、[と]の括弧で囲むのが作法となっている。

↓のようにする。

http://[2001:db8:10ff::ae:44f2]:8000/

ニンテンドー3DS LL 欲しい!

この前、I ♥ SSLのTシャツが当たった!

f:id:stts:20121116185328j:plain

こんどは、ニンテンドー3DS LL 欲しい! id:hatenablog

http://staff.hatenablog.com/entry/3ds-upload-campaign

なんだかんだでダイアリーからブログに移行した

はてなブログ1周年おめでとう! id:hatenablog

つまり、http://staff.hatenablog.com/entry/1st-anniversaryが当たらないかな

ソケットアドレス構造体(struct sockaddr_in)とネットワークアドレス構造体(struct in_addr)

すぐに忘れるのでメモ。
ソケットアドレス構造体(struct sockaddr_in)は、port番号とIPアドレスの情報を格納している。bind(2)の引数に使う。
ネットワークアドレス構造体(struct in_addr)は、IPアドレスの情報を格納する。inet_ntop(3)の引数に使う。
ソケットアドレス構造体(struct sockaddr_in)のsin_addrメンバーがネットワークアドレス構造体(struct in_addr)になっている。

struct sockaddr_in
{
〜省略〜
in_port_t sin_port;
struct in_addr sin_addr;
〜省略〜
}
typedef uint32_t in_addr_t;
struct in_addr
{
in_addr_t s_addr;
};

vncでログイン画面CentOS6編

CentOS6でVNCで接続したらログイン画面が出てくるようにする方法が、以前のvncでログイン画面の出し方 - sttsのソースコードMemoと同じでは上手く行きませんでした。
新しくやり方を調べたので記録のためのBlogです。

/etc/servicesにport番号を記載します。

nc-1024x768x24 5901/tcp

/etc/xinetd.d/vncVNCサーバを起動する設定をします。

ervice vnc-1024x768x24
{
        disable = no
        socket_type     = stream        
        protocol        = tcp
        wait            = no
        user            = nobody
        server          = /usr/bin/Xvnc
        server_args     = -inetd -query localhost -geometry 1024x768 -depth 24 -once -fp /usr/share/X11/fonts/misc -SecurityTypes=None
        log_on_failure  += USERID
}

ログイン画面側のGDMの設定をします。/etc/gdm/custom.confファイル

# GDM configuration storage
[daemon]

[security]
DisallowTCP=false

[xdmcp]
Enable=true

[greeter]

[chooser]

[debug]

VNCのパッケージがtigervnc-serverに変わったような気がするのですが、古いのを覚えてないので正確なところがわかりません。。。タイガー?

このメーリングリストを参考にしました。Re: [rhelv6-list] vnc how to get gnome session login?